月別: 2017年7月


空いたスペースに防災グッズを


これから引越しするところが、沿岸部だったり、川が近かったり、標高が低い土地だったりすれば、それぞれの土地に応じた防災対策が必要です。住む場所の地盤や建物に応じた対策を、引越しを機に考えてみましょう。

引越したら、今までの防災対策と同じではいけない!

地震が多い揺れやすい土地だったら、耐震グッズは必要です。集中豪雨などですぐ川の水位が上がるような地域では、水害を想定しなければなりません。裏手に崖や山があれば、雨の時には土砂崩れの危険性もあります。まずは周囲の環境を知り、想定しうる災害に備えることが大切です。

その土地の特性を知ることが大切

過去にどのような災害が起こり、これからもどのようなことが危険視される地域であるかは、国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」で詳しく調べられます。住所検索で新住所の町名まで入れると、洪水や地すべり、土石流、津波などの危険のある地域かどうか一目でわかります。

大雨により一部の道路が水に浸かって通れなくなることもしばしばあります。そのような冠水の危険性のある道路も地図上にマークされるので便利です。大雨で道路が渋滞していたため、空いている道路を選んで進んだら、冠水で通行止めになっていた…なんてことも、知らない土地ではありがちです。

※参照URL:国土交通省ハザードマップポータルサイト
http://disaportal.gsi.go.jp/

最寄りの避難所はどのくらいで行ける?

引越して転入届を出すと、役所で自治体の広報誌や地域のハザードマップなどがもらえます。自分の家から最寄りの避難所まで徒歩でどのくらいで行けるのか、家族全員で実際に歩いて確認しておくと良いでしょう。

強い地震が起こると、倒壊した建物の瓦礫が道を防ぐかもしれません。住宅が密集していれば、火災で延焼した場合に行く手を阻まれるかもしれません。最短距離が必ずしも安全ではない場合もあります。周辺の環境を見ながら、家族で安全な逃げ道を相談しておきましょう。

避難する場所や建物の設備を見ておけば、非常の際の持ち出し袋も、何が必要かわかりやすいです。

引越したからこそできる対策がある

引越しで家具を入れる前には、防災を考えた配置にしましょう。空っぽな状態だからこそ、最善の配置をすることができます。また、家具を置く前に床に敷くタイプの耐震グッズも利用できるので、引越しを機に万全の対策を立てておきましょう。

安全優先の家具レイアウトを考える

では、安全な家具のレイアウトとはどういったものでしょうか?一番気にしなければいけないのは寝室です。寝ている間に突然強い地震があっても、枕元に何も倒れてこないような配置が理想です。なるべく不安定な背の高い家具は、他の部屋に置くようにしましょう。テレビなどの重たいものも、近くに置かないようにしましょう。

そして、部屋の出入り口のドア付近には、背の高い家具を置いてはいけません。家具が倒れかかってドアをふさいでしまうことになります。室内に子どもがいても、外からドアが開けられないようでは救助ができません。

家具の転倒防止グッズや耐震対策を!

背の高い家具の転倒防止対策として、天井と家具の間に突っ張るタイプの防災グッズがあります。天井と家具の間の長さを測り、しっかりと固定できるものを用意しましょう。持ち家なら、L字の金具で壁に固定することもできます。

また、家具の下に敷くタイプの耐震グッズがあります。家具の手前に敷くことによって壁に傾けるようにして、重心を奥にかかるようにし、手前に倒れることを防ぐものです。液晶テレビは、固定金具を使って倒れないように壁に固定しましょう。

食器棚のガラス部分には飛散防止のフィルムを貼るほか、重いものを下に入れて、上には軽い割れないものを並べるなど、収納を工夫してみましょう。扉が開いて中の食器が飛び出さないようにするグッズもあります。窓ガラスも、必要に応じて飛散防止フィルムを貼っておくと良いでしょう。

ただし、いくら転倒防止の対策をしても、完璧ではありません。下から突き上げる強い直下型の揺れの場合は、重たい家具が浮いてしまうことがあるため、敷くタイプの耐震グッズから外れることもあります。

また、突っ張りタイプのものは、天井の接地面の堅さによっては、十分な強度が得られないこともあります。天井に厚めの堅い板を当てるなどして、十分な強度が得られるように工夫しましょう。グッズの説明書や公式サイトのQ&A、注意点などをよく読み、正しく設置しましょう。

耐震対策サービスを行う引越し業者も

自分で考える防災対策にも、限界があります。引越し業者によっては、有料のオプションサービスで耐震サービスを行ってくれるところもあります。どこにどのような対策が必要か、どのような防災グッズが適しているのか、診断してもらうのも良いのではないでしょうか。

長く住むことになる家なら、一度設置すれば長く使えます。プロが判断して設置したものなら、安心感も違うかもしれませんね。

非常持ち出し袋は、優先順位を決める

耐震に対する備えも必要ですが、万一の際の防災用品や衣類、食料、水、消耗品なども必要です。すぐに家を出て避難しなければならない時には、あれもこれもと欲張ってはいられません。小さな子どもが2人いれば、抱きかかえて逃げるだけで精一杯です。

これから住むことになる土地では、非常時には何が優先して必要なのか、それに対して優先順位を決め、荷物をまとめる必要があります。

居住階が高層階なら、階段を使うことになる

マンションの高層階に住んでいる場合は、地震が起きればエレベーターは最寄りの階で止まります。安全が確認できなければ、動かすことはできません。さらに停電が起きれば、自家発電がないところではエレベーターは使えません。

非常階段のささやかな灯りを頼りに階段を下りることも、想定しなければなりません。そのため、荷物が重くならない工夫も必要です。

一次持ち出し、二次持ち出しに分ける

避難する際に家族が全員そろっていれば、1人ずつリュックを背負って分担して非常袋を持ち出すことができます。しかし大人が自分1人しかおらず、加えて乳幼児が2人や3人いる状況では、身の安全の確保が第一です。とっさの時では、貴重品を携帯することもままならないかもしれません。

1つの袋にすべてを詰めるのではなく、子ども全員と逃げても運べる程度の必要最低限のものを詰めた「一次持ち出し袋」を作っておきましょう。身の安全が確保でき、チャンスがあれば、「二次持ち出し袋」を取りに戻りましょう。ただし、自分で勝手に判断して単独で行動しないようにしましょう。

政府の推奨する非常袋の中身は、以下のようになっています。季節や家族構成に応じて、適宜変更しましょう。

飲料水、食料品

ペットボトルの水は長期の保存ができ、お米を炊く時やカップ麺などにも欠かせません。人数分用意し、夏場は多めにストックしておきましょう。お茶やジュースを備蓄するなら、消費期限の見直しを定期的に行って随時入れ替えましょう。

手間なく食べられる食品は、乾パンやビスケット、クラッカー、缶詰、レトルト食品です。乳児がいる家庭では、ミルクや離乳食なども成長に応じて中身を入れ替えましょう。

衣類、下着

季節ごとに入れ替えましょう。子どもの成長に合わせて、サイズがきつくなっていないかなど適時確認する習慣をつけましょう。防災用の紙製の使い捨て下着などは、通販サイトで購入できます。

救急用品、衛生用品

ばんそうこう、常備薬、生理用品などです。感染症予防のためにも、使い捨てマスクや除菌ウェットティッシュがあると安心です。オムツは、子どもの成長に合わせたものに随時入れ替えましょう。ドライブ用の携帯トイレなども準備してくと良いでしょう。

身体を保護するもの

ヘルメット、防災ずきん、軍手などです。余震の中、避難しなければならない時に、頭を守ることは大切です。

ラジオ、懐中電灯、携帯電話の充電器、乾電池

夜に停電になると街中が真っ暗になるため、スマホのライトでは心もとありません。ラジオが付いている大きめの懐中電灯を用意しましょう。電池がなくても手動で作動する、ソーラー機能付きのラジオは便利です。

使い捨てカイロ、毛布

冬は、寒さ対策も考えなければなりません。特に寒い地方は、使い捨てカイロや毛布の利用など、どんな方法で暖を取るのか考えておきましょう。

洗面用具、タオル

水も満足に使えないことを考えて、洗顔ペーパーやボディペーパーがあると良いでしょう。赤ちゃん用のお尻拭きは、厚手でしっかりしていて広範囲を拭けるため、最近起こった大きな災害時に重宝されたようです。

参照URL:首相官邸の防災関連のページ

自然災害は、いつどこで何が起こるかわかりません。たまたま災害が起きなかったからといって、この先も安全であるとは誰にも保証ができません。これまであまり関心を持っていなかった人も、引越しをしたら、その場所に合った対策が必要です。今まできちんと対策をしていた人も、新居でも同じ対策で良いのか見直してみましょう。

修繕費は抑えることができる


外では他人の健康のため、遠慮してタバコを吸うのをガマンしているんだから、せめて自分の家では堂々と吸いたい!

とはいえ、借家だと壁紙や天井がヤニで汚れて、退去の時に修繕費が相当かかると聞いたので、これを機に禁煙するべきか、敷金は戻らないものと諦めて腹をくくるべきか、喫煙者の悩みは尽きません。

とりあえずは諦めずに、臭いが沁み込まないうちに掃除から始めてみましょう。

納得いかない!気を遣っていても過失扱い?

借家をタバコのヤニで汚すと、退去の時にとんでもなく高額のクリーニング代がかかるって聞きました。換気扇の下で吸うとか、気を使っていれば大丈夫なんでしょうか?

クリーニングできれいになるなら

実は、タバコのヤニによる壁や天井、照明などのヤニ汚れは、清掃をしてきれいになる程度の汚れであれば、日常の生活で起こりうる通常損耗として認められ、タバコの焼け焦げなど、本人の不注意で汚したものでなければ、その室内クリーニング費用は、入居者ではなく家主が払うこととしています。

これは、国土交通省の「敷金の返還をめぐるトラブルのためのガイドライン」にも参考例が紹介されています。

ただし、洗剤を使った清掃をしてもきれいにならず、家具を置いてあった場所との境目にハッキリと跡が残っているとしたらアウトです。そのようにハッキリと色が付いたということは、ヤニが奥深くまで浸透していて臭いも染み付いていることでしょう。

ちょっとやそっとの清掃で汚れが取れないのであれば、もはやそれはヤニが付着しているという状態ではなく、ヤニで染まってしまっている状態です。壁紙の材質にもよりますが、奥深くに潜り込んだように染まっていては、もはや完璧にきれいにすることはできません。

壁紙張り替えが必要なら

部屋の壁や天井を張り替えなければならない時は、借主の費用の負担は免れません。ただし、全額負担となることはないでしょう。その物件に何年住み続けていますか?

長ければ長いほど通常損耗と認められることとなり、最終的に退去する時には家主がほとんどを負担し、借主は少しの費用の負担で済む場合があります。

普段から拭き掃除をしていれば表面上に付いたヤニ汚れは水溶性のため水拭きだけで落ちます。それでも落ちない時は、重曹を使ったりヤニ取りスプレーを使ったり、しつこい汚れにメラミンスポンジを軽く濡らして擦ってみたりしてみましょう。

あまり激しく擦ると、そこだけ削られて白くなってしまいますのでほどほどに様子を見ながら掃除をしましょう。夫婦二人とも喫煙者であるなら特に気を付ける必要があります。

焦げ跡なら

壁紙ではなく、和室の畳などにタバコの焦げ跡を付けてしまった場合などは、畳1枚分の張り替えや表裏を裏返しただけで済む場合もあれば、畳1枚分の張り替えとなる場合もあります。古い畳だったため、これを機に全部新しい畳に替えることになったとしても、借主が全額を負担する必要はありません。

扉やふすまの変色は?

作り付けの収納棚の扉や部屋のドアは水拭きできる素材のものなら汚れが染み込まないうちに拭き掃除をしましょう。厄介なのが押入れのふすまや障子などの紙素材です。これらは水拭きができないのでどんどん茶色に染まってしまいます。もちろん洗剤を使うこともできません。

借家では、ヤニ掃除のできない部屋での喫煙は避けた方が賢明です。

臭いに起因するトラブルもある

自分の家の臭いは気にならないものですが、よそのお宅にお邪魔すると、臭いってそれぞれ違いますよね。自宅の玄関はほぼ無臭に感じていても、そこに住まない人にはすぐ臭いがわかるものです。

同様に、タバコを吸わない人にとっては、今、その場でタバコを吸っていなくても、タバコを吸っていた部屋だなということがわかります。

そのようなこともあり、貸主は部屋に臭いが付くことを嫌います。タバコに限らずペットもそうなのですが、臭いが染み付いている場合は壁紙を張り替えたりする必要があることから、ペットなどの臭いが心配な時は、敷金を通常よりも数ヶ月余分に預かることが多いです。

喫煙が禁じられている物件もある

そのように、何かとトラブルになることがあるため、あらかじめ室内での喫煙を禁じているアパートやマンションがあります。あとから聞いていなかった、知らない、などということがないよう、入居者募集のチラシには必ず「喫煙禁止、タバコ不可」などと記載されているはずです。

肩身の狭い喫煙者たち

昔の映画やテレビドラマを見ていると、俳優が黙ってタバコを吸っているだけで絵になるシーンもありましたが、最近ではテレビなどでも意識的に喫煙シーンを減らしているそうです。そういえば、テレビのコマーシャルでもタバコの宣伝は2004年に全面禁止になっていたんですね。

ホタル族も迷惑がられている

壁紙や天井を汚さないためにという以上に、室内にいる家族の健康のために、ベランダに出てタバコを吸う人もいます。タバコを吸い込む時に暗闇の中で赤い光がボーッと灯るため、その人たちのことをホタル族と呼んでいた時代がありました。

しかし、それも隣人にとっては迷惑行為に当たるわけです。煙は風に乗って隣のベランダに届きますし、夜にベランダに洗濯を干すしかない人たちは、濡れた洗濯物に臭いが染み付きやすいのです。

自分の家族の健康を守るためには他人は犠牲になってもいいのか、と問題にもなりました。その上、換気扇を使っている時には室内にその煙を外の空気といっしょに取り込んでしまうことにもなります。

そういった住民の声を無視するわけには行かず、集合住宅のマンションなどでは「ホタル族禁止」というところも増えているようです。

吸う場所を考えて費用の負担は最小限に

このように考えると、喫煙者が外でも家でも自由に一服することすらできないのではちょっと気の毒ですね。もういっそのこと覚悟を決めて部屋中の壁やふすま天井など全面張り替えをすること覚悟で吸うのもありかもしれません。

ただ念のため言っておくと全部の部屋でそれをやってしまうと相当な金額がかかることになり、先に預けてある敷金では賄えないかもしれません。せめてひと部屋に絞った方が良いのではないでしょうか。寝室での寝タバコは火事の元です。

まとめ

日常の軽い拭き掃除できれいになる程度の汚れなら、通常損耗と認められることが多いです。しかも、常日頃から気を使い、窓を開け換気扇の下でタバコを吸う程度であれば、借主の過失とはならないでしょう。

ヤニは軽いうちなら水拭きだけで落ちるので、汚れが目立っていなくても、サッと水拭きをしておきましょう。すると、雑巾にヤニが茶色く付くので、見た目にはわからなくても結構部屋の中に煙が回ってしまっていることに気がつくと思います。

引越し作業が楽になるメリットも


大きな家具や白物家電と呼ばれる冷蔵庫や洗濯機は家財の中でも大きく、目的の場所に運び入れるまでに苦労することがままあります。

苦労してでも入れられればいいのですが、その苦労が徒労に終わり、搬入できないため涙を呑んで処分をお願いするということもあるんです。

その洗濯機、確実に置けますか?

古いアパートではベランダや通路に洗濯機が置かれている光景を目にすることもありますが、今は室内の脱衣所や洗面所に洗濯機置き場として防水パンが設けられていることの方が多いです。社宅や公務員住宅の中には築年数の古いエレベーターなしの建物が数多く残っています。

そういう古い住宅は二層式洗濯機を置くことを前提に造られた間取りになっていることが多く、防水パンも横長の長方形になっています。これでは、真上から見るとほぼ正方形に近い形の全自動洗濯機は置けません。

防水パンを変えてもらうのも手なのですが、それに合わせて洗濯機を置くと、今度はドアがぶつかって開閉できなくなる、ということがあったり、そもそも洗濯機のサイズが大きくて、そこまで到達できない、なんて話もよくあります。

そしてもう一つ、二層式の洗濯機は、今の全自動洗濯機よりも高さが低い造りになっていたので、給水用の蛇口が低い位置に取り付けられていることが多く、蛇口がぶつかってうまく収めることができません。

しかたなくキッチンの水道の蛇口を二股に付け替えてそこから洗濯機用の給水ホースを取り付け、システムキッチンの横に置いて、勝手口のドアを塞いで使うという荒業を使った家もありましたが、当然引き戸は完全には閉まらない状態です。

そんなこともありますので、安い家賃に魅かれて築年数の古い住宅に住み替えを考える時は、洗濯機が無理なく置けるかどうかを気にかけてみてください。

家具を水浸しにしないために事前の水抜きが大事!

洗濯機は、使用していない時でも、常にどこかしらに水は残っています。引越し前にはホースや内部の水抜きをしっかり行わないと、トラックで揺れてどんどん水が出てきて一緒に積んである家具を濡らしてしまいます。手順に沿って、正しい方法で水抜きをしましょう。

まずは上から!給水ホースの水抜き

掃除の順序でも水抜きでもそうですが、「上から下の順に」これが基本です。水に関することなので、うっかり水漏れして床や階下に被害が及ばないように、また、何かあった時にすぐに対応できるように、事前に取扱説明書を手元に用意しておくことをおすすめします。

まず、給水ホースが繋がっている水道の蛇口を閉めて、ホースの水を抜きます。

次に洗濯漕内部の確認

給水ホースから流れた水を外に出すために脱水をします。その前に液体洗剤や柔軟剤を入れるケースに残りがないか確認しておきましょう。必ず脱水のみのコースを選び、スタートします。少量なので1分でも大丈夫です。

脱水が終わったら、念のためふたの裏や洗濯漕内の水分を拭き取っておきましょう。糸くずフィルターも取り外してゴミを捨て、乾燥させておきましょう。

最後に排水ホースの水切り

排水ホースを外してホース内の水が切れれば終わりです。その後のことについて、引越し業者から何か指示があればそれに従い、何も言われなければこれで終了です。うまく水が出ないようにまとめて養生してくれます。

運び出せる準備を

電源やアース線は手が届けば外しましょう。念のため、取扱説明書をファスナー付きビニール袋などに入れて、洗濯機の中ぶたや付属品などと一緒に分かるように置いておきましょう。

引越し業者は洗濯機の設置もしてくれるところが多いですが、運んだことのない機種でも取扱説明書があれば安心です。

大きなタンスは文字通り「お荷物」になることも

昔はクローゼットのある家はそんなに多くなかったので、結婚の時には婚礼家具3点セットという木の材質にこだわった、大きな重厚感のあるタンスを揃えたものです。

でも、婚礼家具は持ち家に置くなら何の問題もないのですが、引越しの多い家庭では運ぶにも相当の費用がかかることになります。その上、クローゼットがある家に引っ越したら、置き場所にほとほと困り果てるかもしれません。

これが親族から結婚のお祝いに贈られた高級品ともなればそうそう処分するわけにも行かず、どこかの業者に預けるにしても管理料が高額になり、ずっと「我が家のお荷物」として珍重されることになるわけです。

大きくて新居に入らないなら思い切って処分して買い替えた方が安く済む場合もありますね。

中の衣類はどう荷造りするの?

引き出しの中の衣類は出してダンボール箱に荷造りする必要があるのでしょうか?引き出しを外して軽くしてから本体を運んで、トラックに収めてから、引き出しを元の位置に戻しても良いのでは、と素人考えで思いがちですが、その辺はどうなんでしょう。

これは、業者や作業スタッフの考えで異なるようです。大まかには、小型で造りのしっかりしているものなら、中身もそんなに重くなく、トラックの揺れにも大きく揺さぶられることもないので、中はそのままで大丈夫と言われることが多いです。

しかし、高さのある洋服ダンスやロッカータンスは不安定な状態で長く揺られると家具そのものが歪んで傷みやすく、扉の蝶番がズレる原因になるので外して運びます。

また、高級な大きな整理ダンスや和ダンスなども引き出しに衣類が入った重い状態で運ぶと家具の寿命を縮めるので引き出しは外す業者が多いです。

衣類ケースは頑丈で積み重ねられるものなら、そのままで良い場合がほとんどですが、見積もりの際や荷造りを始める前に各業者に確認してみることをおすすめします。

ハンガーBOXなら簡単

ハンガーで洋服ダンスやクローゼットに掛けている洋服なら、引越し業者の用意してくれるハンガーBOXに、そのまままとめて移し替えるだけなのでとても便利です。

引き出しの順番が分かるように

タンスの引き出しを抜いて、衣類はそのままに引き出しを重ねて運んでくれる場合もありますが、引越し後にはめ込む時に順番を間違えないようにしましょう。違う順番にはめ込んでしまうと引き出しと本体が当たる部分が削れて引き出しを傷めてしまいます。

引き出しの目隠しの意味でバスタオルなどで上部を覆い、順番を書いた紙をテープで仮止めしておくと便利です。

衣類以外は荷造りしよう

タンスの中身を出さずに運んでくれることになったとしても、衣類以外にビンなどの割れ物や、アクセサリーや貴重品が奥に紛れていることはありませんか?

貴重品や高価な宝飾品は、紛失や盗難防止のためにも自分で管理しなければなりません。また、見られて困るようなものも、あらかじめダンボールに詰めておくようにしましょう。

まとめ

大型の洗濯機や大きなタンスがあり、引越しのたびに苦労をするという人もいると思います。そういう場合は旧居と新居の間取り図や、階段幅や踊り場の面積が分かりやすい建物の構造図があれば、積極的に業者に見てもらうようにしましょう。

事前にわかっていれば手運びで入らない時は手吊り作業、重ければクレーン作業などの対策が予定できますので無駄がありません。

引越しは荷物を整理するチャンス


引越しでそれまで使っていた冷蔵庫を運ぶ時には水抜きなど簡単な準備が必要です。うっかり忘れないように前日にリストを作ってちゃんとやったかチェックしましょう。

また、料理が好きな人や大家族、食器のコレクターなら大きな食器棚を使っている人も多いと思いますが、新居に置くのに十分なスペースはありますか?

冷蔵庫の扱いは手順を守って抜かりなく!

動かす準備のための水抜きをする前に、中の食品を空っぽにしなければなりません。引越しが近付いたら食材をなるべく使い切りましょう。寄せ鍋、カレー、お好み焼きは、具材を選ばず応用範囲の広い便利なメニューです。

事前準備!食材を使い切るメニューとは?

ビンの調味料や味噌、バターは無理して使い切らなくても大丈夫。ビンは割れないように包んでクーラーボックスに入れて運べます。食材が使い切れないと頭を悩ますぐらいなら、クール便で新居に送ってしまいましょう。

前日までに電源off!水抜きをしっかりと

これは、前日までに行うこととして引越し業者が段取りを説明してくれます。聞いても分からなかったら取扱説明書を見てみましょう。メーカーのホームページで確認することもできます。

そこには、大体このようなことが記載されています。

・自動製氷機があれば製氷を停止し、給水タンクの水と製氷室の氷を捨てます。機種によっては、傾けて排水口から水を出すタイプものもあります。
・中身を全て空にしてコンセントから電源コードを抜きます。庫内の霜が解け終わるまで半日以上かかります。トラックの中で家具を水浸しにしないためにも、霜が完璧に解けるよう丸一日前に準備すれば安心です。
・冷蔵庫の下に氷が解けた水の受け皿があれば、引き出して水を捨てておきましょう。
・空っぽになれば掃除がすごくやりやすいです。外せるものは丸洗いし、庫内とゴムパッキンもきれいにして最後にエタノールで除菌をしておくとイヤな臭いもつきません。

その運搬方法で大丈夫?移動時の注意点

斜めに傾けたり横積みしたりせず、使う時と同じく立てた状態で運ぶのが基本です。そうでないと圧縮機の中のオイルが冷却システムに流れ込んで故障の原因となってしまいます。

後は引越し業者が中の棚などが動かないよう、扉が開かないようきちんと養生して運んでくれますので任せて大丈夫です。運ぶ際に一時的に斜めや横になっても問題ありません。

設置後はあわてないで!

設置後、電源を入れても庫内がすぐに冷えるわけではありません。すぐに食材を入れるのは止めておきましょう。容量にもよりますが、しっかり冷えるまでには半日から一日程度かかります。冷凍食品の扱いは特に気をつけましょう。

買い替えるなら

間取りにより、冷蔵庫はココ!と、あらかじめキッチンの冷蔵庫置き場がくぼんだ形で設計されている家もあります。冷蔵庫置き場には、冷蔵庫用のコンセントやアース端子があり、有無を言わせず、扉の向きも関係なく置かざるを得ない状況です。

冷蔵庫置き場の幅は、昔によくあったタイプの60cm幅を置くことを想定したものであることが多いため、それ以上のワイドタイプの冷蔵庫は置くことができません。

買い溜めできるように大容量タイプの両開きの冷蔵庫が欲しいかもしれませんが、転勤族の場合この先どういう家に住むことになるかも分からないことがほとんどです。

こういう人は大容量の冷蔵庫は転居先のキッチンのスペースにより、持て余してしまうことになります。できれば、60cmのスリムタイプで左右どちらからでも開閉のできるタイプなら、どんな間取りでもスムーズに移動でき、使い勝手も良いはずです。

その食器棚キッチンに置けますか?

「収納スペースは広ければ広いほど物がごちゃごちゃせずにすっきり片付き、部屋が広く使える」というのは、残念ながら食器棚には当てはまりません。それどころか、大きいが故に置き場所に困り、搬出搬入の際に、吊り作業の特別料金が余計にかかってしまうかもしれません。

どこに置ける?設置場所の確認

社宅住まいの転勤族など自分で物件を選べない場合は、食器棚も冷蔵庫同様、設置場所に悩むことになります。

できれば食器棚はキッチンの壁に沿って置きたいと思っても、窓や他の家具との位置関係により、キッチンとかなり離れた場所に置かざるを得ないような状況になることも。

リビングの目立つ位置に置かなければならない時は、お客さんに見られてもいいように、ガラス戸の中の食器は見せる収納を意識するか、逆にガラスに目隠し用のフィルムを貼るなどの対策をしなければなりません。

カメラを活用!元通りに置くために

食器が割れないように梱包して箱に詰め、また取り出して食器棚に収める作業は一番時間がかかります。

引越しの手伝いを身内や知人に頼んだ人は、この食器棚に収める作業や、本を本棚に収める作業を手伝ってもらうことが多いのではないでしょうか。とりあえず収めてしまえば片付くし、食器なら見られても恥ずかしくないですから。

ただ、手伝ってくれた人のセンスでそれまでの配置がガラッと変わることがありますので、自分で使い勝手の良いこだわりの配置にしてあった場合は、元通りの位置に収めてもらえるよう、荷造りする前にデジカメやスマホで画像を残しておくことをおすすめします。

使わない物から梱包、いらない食器は処分

食器をひとつひとつ包んでいく時「こんな食器あったっけ?」、「どうして買ったんだろう?」と思うような食器があれば迷わず処分しましょう。

まだ使えるのにもったいないと思うかもしれませんが、不用品を運んでもらう人件費や運賃の方がよっぽどもったいないと思えば、捨てることへの罪悪感も消えますよね。

また、欠けている物やヒビの入っている物も処分対象で良いのではありませんか?ヒビが入っていると熱い物を入れてテーブルに置いた途端に割れて中身があふれる事故の危険もあります。

お客さん用の食器や、普段出番のないパーティー用の大皿などからどんどん包んでいきましょう。セットの小皿などは、一枚の大きめの包装紙で次々に紙を挟みながら重ねて包んでいくと簡単です。

同じ大きさのものは包んだ後に重ねて、ひとまとまりになるようにテープで動かないように止めておきましょう。ダンボールの中で、食器どうしがぶつからないように緩衝剤ですき間を埋めることがコツです。

業者によっては食器専用の梱包資材を用意しているところもあるので、積極的に利用しましょう。

空っぽにしたらメンテナンス

冷蔵庫でも米びつでも何でもそうですが、一度物を出して空っぽになったところで、洗える物は洗い、洗えない物は拭き掃除をしましょう。食器棚は普段は扉を閉めていても、隅っこにホコリを発見したり、引き戸のレール部分の隅に丸まったホコリが付着していることもあります。

特にキッチンに置いた食器棚のガラス戸の表面は、油を含んだ汚れがついています。運ぶ前にきれいにすっきりと汚れを落としておきましょう。ガラス戸は引越し業者がきちんと養生して運んでくれるので、外さずそのままで大丈夫です。

観音開きの蝶番が緩んでいると、トラックで長時間揺られ続けている間にますます歪みが大きくなり、開閉がスムーズにいかなくなることもあります。ドライバーでネジ部分を締めておくと良いでしょう。

準備万端!すぐ使うために

食器を置く棚に食器棚シートを使っている人は多いでしょう。きれいならそのまま敷いておいて、次でも使えますが、ずっと長い間敷きっぱなしで変えていないというなら、新しい物に交換してみては?

色や素材を変えただけで気分一新できますよ。引っ越す前に棚に合わせたサイズにあらかじめ切り揃え、食器を入れたダンボールに一緒に入れておけば新居ですぐに食器をしまうことができます。

買い替えるなら

幅の広い大容量の一体型の食器棚は、引越しの際に移動が大変になります。階段の天井の高さや、曲がり、手すりの有無、勾配の角度などの形状にも左右されますが、一般住宅の室内階段なら90cm幅の食器棚がギリギリ通る限界と思っていた方が無難です。

それより、大家族なので大きいサイズの物を使いたい、趣味の陶芸の自作の食器をディスプレイしたいというようなこだわりがあって、どうしても大きい食器棚を必要とする時は、一体型ではなく、上下や左右に分けて運べる分割タイプのものを買うようにしましょう。

ただし、分割してスムーズに運べたとしても、新居のダイニングに収まるかどうかは別問題です。ドアを塞ぐような場所には置けません。

転勤族で壁に沿って設置することができずに、やむなく空間に間仕切り代わりに置いてあるのを見たことがありますが、大きな重量のある家具が部屋の中央にそびえ立っている様子は、どう見ても落ち着けるものではありません。

何より転倒の危険を考えると小さいお子さんがいる家庭では、絶対に避けてほしいと思います。こんなこともあり、食器棚は標準タイプのものを選んで必要に応じて他の収納庫やスリムタイプのキッチンボードなどを買い足した方が、設置スペースに悩まされることもなくなります。

統一感があった方が良いなら、シリーズで出ているもので揃える手もあります。また、並べて置けなければ離して置いたり、違う部屋に置いたりの応用がききます。

まとめ

冷蔵庫は、近所に24時間営業のスーパーがあれば、大容量タイプは不要かもしれません。大きければついつい食材を買い込んでしまい、結果的に無駄を出してしまうこともあるでしょう。食器にしても、和洋中何にでも合う食器を選んで使い回すことが省スペースにつながります。

何度も引越しをくり返すならば、家具や家電に余計なお金をかけずにスタンダードな大きさのもので十分かもしれません。

快適に過ごすための収納テクニック


一般的に一人暮らしの部屋というとワンルームや1Kなどが多く、収納スペースも限られています。季節ものなど必要なものをすべて持ち込むと、備え付けの収納だけでは収まらないということもあります。ここでは、一人暮らしの手狭な部屋でも、スッキリと快適に過ごせる収納テクニックを紹介します。

デットスペースをフル活用する

収納上手の人には、「デッドスペースをつくらない」という鉄則があります。高いところや隙間も上手に活用すると、狭い空間でも収納力がぐっと上がります。

ベッドの下

一人暮らしの部屋にベッドを置くと、かなりスペースをとってしまいます。ベッドを置くなら、下に収納が付いたタイプがおすすめです。また、ベッド下に入れて使う収納ケースも販売されているので、ケースを活用して収納することもできます

ただ、ベッドの下は湿気がたまりやすいというのがデメリットになるでしょう。そのため、本や写真などを長く保存するのには向きません。除湿剤などを使いつつ、こまめに換気できるよう、よく出し入れするものに限定して収納しましょう。ベッドの下にデスクなども置けるロフトベッドなら、収納力はさらにアップします。

扉の内側

玄関ドアの裏側に付けられる傘立てや、シンク下の扉の内側に貼れる収納グッズなどを活用すると、より多くのものを収納できます。タオルハンガーを上手く取り付けて、鍋蓋やレシピ本を収納している人もいるようです。

押入れやクローゼットの上の部分

棚が置けない狭い隙間を利用してできる画期的な収納術があります。突っ張り棒を一番高いところに2箇所付けて、そこから2本ずつワイヤーを下げてみてください。そのワイヤーと100円ショップにあるワイヤーネットをつなげて吊り下げる感じで設置すると、収納スペースが確保できます。

押入れの収納術

昔ながらの押入れのある物件でベッドを使っているなら、布団入れとしては必要ないスペースを、クローゼットに変身させることもできます。まずは上部にポールや突っ張り棒を付けて、下げる収納スペースを確保してください。下部は衣装ケースやすのこのラックを置いて、無駄のない収納スペースとして活用しましょう。

押入れは奥行きがあるので、奥にシーズンオフの衣類などをしまうことができます。コートや毛布など、かさばるものは、圧縮袋を利用してコンパクトにしまいましょう。キャスター付きの引き出し収納などを使えば取り出しも簡単にできますね。

他にもふすまを外して見せる収納にしたり、ディスプレイして趣味の空間にしたり、デスクスペースにしたりするなど、様々なアイデアが考えられるのではないでしょうか。

クローゼットの活用法

洋服をハンガーに掛ける時のポイントは、丈の長さを合わせて並べることです。並べることで下に空間ができるため、さらに収納スペースを確保できます。また、クローゼットの扉の内側も有効活用しましょう。ポケットハンガーを設置すると、ストールやアクセサリー、ベルトなどをスッキリ収納できます。

クローゼットにファイルスタンドを入れてパンツやデニムを縦に収納すれば、服を選ぶ際も見やすく取り出しやすいです。突っ張り棒やS字フックを利用すると、バッグ類も掛けて収納できます。フックの大きさや長さを変えて吊るせば、よりたくさん掛けることができるでしょう。

100円ショップなどを活用する収納術

100円ショップでお馴染みの収納に活用できるグッズは、すのこ、ワイヤーネット、S字フック、プラカゴ、ファイルスタンド、突っ張り棒などです。どれも、幅広い用途に使えます。例えば、2本の突っ張り棒を少し高さをずらして使えば、そこにカゴなどを斜めに乗せることができ、見やすく取り出しやすい収納が作れます。

こうした100円ショップで手に入るものを使った簡単なDIYで、あなたの部屋にぴったりなオリジナルな収納を作るのもおすすめです。

キッチン

キッチンの壁にワイヤーネットを設置して、S字フックで調理器具やコップを吊り下げると、取りやすく便利です。また、食器棚のお皿は、ファイルスタンドを使って立てて収納するとかさばりません。重ねて収納するならコの字型ラックを使うとスッキリときれいに片付きます。

シンク下も、ファイルスタンドを使うと、鍋の蓋などを立てて収納できます。また、ごちゃごちゃになりやすい調味料や乾物系も、100円ショップのいろいろなサイズのカゴを使って分類する方法を使えば、整理しながらコンパクトに納められます。吊り棚収納を使えば、さらに戸棚の下のスペースも有効活用できます。

トイレ

トイレの壁面上部に突っ張り棒を使って収納を作れば、トイレットペーパーのストックなども床置きせずに片付けられます。目隠しにカーテンや軽い木材を貼り付けると、立派な収納棚ができあがります。

靴入れ

下駄箱スペースにもコの字ラックやカゴを使うことで、たくさんの靴を収納することができます。ハイヒールは突っ張り棒にヒールを引っかけると良いでしょう。また、下駄箱の扉の裏にタオル掛けを付けてスリッパを引っかけることもできます。

さらに、ブーツなどを入れられる高さのあるスペースがあれば、上の棚板から吊るす収納を付けると、折りたたみ傘などの小物も入れられます。2足のブーツを1足分のスペースにまとめられるグッズも、100円ショップで手に入ります。

壁面収納は、今や収納技の常套手段となっています。ワイヤーラックやアイアンバーなどを使うと、センス抜群のおしゃれな収納が作れます。DIY好きな人なら、すのこにペイントをして壁に付けフックやカゴを取り付けると、素敵な壁掛け収納のできあがりです。。

壁面というのは見落としがちですが、靴箱の側面などに、縦に並べるスリッパラックなども付けられます。ただし、賃貸の場合、壁に傷を付けられません。そんな場合に便利なのがディアウォールという大型の突っ張り棒です。

ホームセンターなどで木材を手に入れてはめ込むと、棚や壁面収納ができる強い柱が作れます。これを使えば、狭い空間でも好きなように棚を作れます。ポールを上下に突っ張るタイプのラックの場合は、バッグや帽子などを場所をとらずに置くことができます。

100円ショップのほか、インテリアショップや雑貨店でも、簡単に取り付けられる壁面収納がたくさん販売されているので、自分の部屋に合ったものをいろいろ探してみると楽しいですね。

限られた空間の中でスッキリと収納するには、紹介したような収納テクニックも重要ですが、なるべくものを増やさない工夫や、必要のないものを処分する潔さも大切です。また、 部屋の全体的なカラーを統一すると、よりスッキリとした空間を演出できるのでおすすめです。

狭く思えた空間も、ちょっとした工夫でスッキリさせることができます。いろいろ試して、一人暮らしの部屋を、暮らしやすい空間に変えてみてくださいね。

それでもスッキリできない時は使わない物を処分していきましょう。