快適に過ごすための収納テクニック


一般的に一人暮らしの部屋というとワンルームや1Kなどが多く、収納スペースも限られています。季節ものなど必要なものをすべて持ち込むと、備え付けの収納だけでは収まらないということもあります。ここでは、一人暮らしの手狭な部屋でも、スッキリと快適に過ごせる収納テクニックを紹介します。

デットスペースをフル活用する

収納上手の人には、「デッドスペースをつくらない」という鉄則があります。高いところや隙間も上手に活用すると、狭い空間でも収納力がぐっと上がります。

ベッドの下

一人暮らしの部屋にベッドを置くと、かなりスペースをとってしまいます。ベッドを置くなら、下に収納が付いたタイプがおすすめです。また、ベッド下に入れて使う収納ケースも販売されているので、ケースを活用して収納することもできます

ただ、ベッドの下は湿気がたまりやすいというのがデメリットになるでしょう。そのため、本や写真などを長く保存するのには向きません。除湿剤などを使いつつ、こまめに換気できるよう、よく出し入れするものに限定して収納しましょう。ベッドの下にデスクなども置けるロフトベッドなら、収納力はさらにアップします。

扉の内側

玄関ドアの裏側に付けられる傘立てや、シンク下の扉の内側に貼れる収納グッズなどを活用すると、より多くのものを収納できます。タオルハンガーを上手く取り付けて、鍋蓋やレシピ本を収納している人もいるようです。

押入れやクローゼットの上の部分

棚が置けない狭い隙間を利用してできる画期的な収納術があります。突っ張り棒を一番高いところに2箇所付けて、そこから2本ずつワイヤーを下げてみてください。そのワイヤーと100円ショップにあるワイヤーネットをつなげて吊り下げる感じで設置すると、収納スペースが確保できます。

押入れの収納術

昔ながらの押入れのある物件でベッドを使っているなら、布団入れとしては必要ないスペースを、クローゼットに変身させることもできます。まずは上部にポールや突っ張り棒を付けて、下げる収納スペースを確保してください。下部は衣装ケースやすのこのラックを置いて、無駄のない収納スペースとして活用しましょう。

押入れは奥行きがあるので、奥にシーズンオフの衣類などをしまうことができます。コートや毛布など、かさばるものは、圧縮袋を利用してコンパクトにしまいましょう。キャスター付きの引き出し収納などを使えば取り出しも簡単にできますね。

他にもふすまを外して見せる収納にしたり、ディスプレイして趣味の空間にしたり、デスクスペースにしたりするなど、様々なアイデアが考えられるのではないでしょうか。

クローゼットの活用法

洋服をハンガーに掛ける時のポイントは、丈の長さを合わせて並べることです。並べることで下に空間ができるため、さらに収納スペースを確保できます。また、クローゼットの扉の内側も有効活用しましょう。ポケットハンガーを設置すると、ストールやアクセサリー、ベルトなどをスッキリ収納できます。

クローゼットにファイルスタンドを入れてパンツやデニムを縦に収納すれば、服を選ぶ際も見やすく取り出しやすいです。突っ張り棒やS字フックを利用すると、バッグ類も掛けて収納できます。フックの大きさや長さを変えて吊るせば、よりたくさん掛けることができるでしょう。

100円ショップなどを活用する収納術

100円ショップでお馴染みの収納に活用できるグッズは、すのこ、ワイヤーネット、S字フック、プラカゴ、ファイルスタンド、突っ張り棒などです。どれも、幅広い用途に使えます。例えば、2本の突っ張り棒を少し高さをずらして使えば、そこにカゴなどを斜めに乗せることができ、見やすく取り出しやすい収納が作れます。

こうした100円ショップで手に入るものを使った簡単なDIYで、あなたの部屋にぴったりなオリジナルな収納を作るのもおすすめです。

キッチン

キッチンの壁にワイヤーネットを設置して、S字フックで調理器具やコップを吊り下げると、取りやすく便利です。また、食器棚のお皿は、ファイルスタンドを使って立てて収納するとかさばりません。重ねて収納するならコの字型ラックを使うとスッキリときれいに片付きます。

シンク下も、ファイルスタンドを使うと、鍋の蓋などを立てて収納できます。また、ごちゃごちゃになりやすい調味料や乾物系も、100円ショップのいろいろなサイズのカゴを使って分類する方法を使えば、整理しながらコンパクトに納められます。吊り棚収納を使えば、さらに戸棚の下のスペースも有効活用できます。

トイレ

トイレの壁面上部に突っ張り棒を使って収納を作れば、トイレットペーパーのストックなども床置きせずに片付けられます。目隠しにカーテンや軽い木材を貼り付けると、立派な収納棚ができあがります。

靴入れ

下駄箱スペースにもコの字ラックやカゴを使うことで、たくさんの靴を収納することができます。ハイヒールは突っ張り棒にヒールを引っかけると良いでしょう。また、下駄箱の扉の裏にタオル掛けを付けてスリッパを引っかけることもできます。

さらに、ブーツなどを入れられる高さのあるスペースがあれば、上の棚板から吊るす収納を付けると、折りたたみ傘などの小物も入れられます。2足のブーツを1足分のスペースにまとめられるグッズも、100円ショップで手に入ります。

壁面収納は、今や収納技の常套手段となっています。ワイヤーラックやアイアンバーなどを使うと、センス抜群のおしゃれな収納が作れます。DIY好きな人なら、すのこにペイントをして壁に付けフックやカゴを取り付けると、素敵な壁掛け収納のできあがりです。。

壁面というのは見落としがちですが、靴箱の側面などに、縦に並べるスリッパラックなども付けられます。ただし、賃貸の場合、壁に傷を付けられません。そんな場合に便利なのがディアウォールという大型の突っ張り棒です。

ホームセンターなどで木材を手に入れてはめ込むと、棚や壁面収納ができる強い柱が作れます。これを使えば、狭い空間でも好きなように棚を作れます。ポールを上下に突っ張るタイプのラックの場合は、バッグや帽子などを場所をとらずに置くことができます。

100円ショップのほか、インテリアショップや雑貨店でも、簡単に取り付けられる壁面収納がたくさん販売されているので、自分の部屋に合ったものをいろいろ探してみると楽しいですね。

限られた空間の中でスッキリと収納するには、紹介したような収納テクニックも重要ですが、なるべくものを増やさない工夫や、必要のないものを処分する潔さも大切です。また、 部屋の全体的なカラーを統一すると、よりスッキリとした空間を演出できるのでおすすめです。

狭く思えた空間も、ちょっとした工夫でスッキリさせることができます。いろいろ試して、一人暮らしの部屋を、暮らしやすい空間に変えてみてくださいね。

それでもスッキリできない時は使わない物を処分していきましょう。