修繕費は抑えることができる


外では他人の健康のため、遠慮してタバコを吸うのをガマンしているんだから、せめて自分の家では堂々と吸いたい!

とはいえ、借家だと壁紙や天井がヤニで汚れて、退去の時に修繕費が相当かかると聞いたので、これを機に禁煙するべきか、敷金は戻らないものと諦めて腹をくくるべきか、喫煙者の悩みは尽きません。

とりあえずは諦めずに、臭いが沁み込まないうちに掃除から始めてみましょう。

納得いかない!気を遣っていても過失扱い?

借家をタバコのヤニで汚すと、退去の時にとんでもなく高額のクリーニング代がかかるって聞きました。換気扇の下で吸うとか、気を使っていれば大丈夫なんでしょうか?

クリーニングできれいになるなら

実は、タバコのヤニによる壁や天井、照明などのヤニ汚れは、清掃をしてきれいになる程度の汚れであれば、日常の生活で起こりうる通常損耗として認められ、タバコの焼け焦げなど、本人の不注意で汚したものでなければ、その室内クリーニング費用は、入居者ではなく家主が払うこととしています。

これは、国土交通省の「敷金の返還をめぐるトラブルのためのガイドライン」にも参考例が紹介されています。

ただし、洗剤を使った清掃をしてもきれいにならず、家具を置いてあった場所との境目にハッキリと跡が残っているとしたらアウトです。そのようにハッキリと色が付いたということは、ヤニが奥深くまで浸透していて臭いも染み付いていることでしょう。

ちょっとやそっとの清掃で汚れが取れないのであれば、もはやそれはヤニが付着しているという状態ではなく、ヤニで染まってしまっている状態です。壁紙の材質にもよりますが、奥深くに潜り込んだように染まっていては、もはや完璧にきれいにすることはできません。

壁紙張り替えが必要なら

部屋の壁や天井を張り替えなければならない時は、借主の費用の負担は免れません。ただし、全額負担となることはないでしょう。その物件に何年住み続けていますか?

長ければ長いほど通常損耗と認められることとなり、最終的に退去する時には家主がほとんどを負担し、借主は少しの費用の負担で済む場合があります。

普段から拭き掃除をしていれば表面上に付いたヤニ汚れは水溶性のため水拭きだけで落ちます。それでも落ちない時は、重曹を使ったりヤニ取りスプレーを使ったり、しつこい汚れにメラミンスポンジを軽く濡らして擦ってみたりしてみましょう。

あまり激しく擦ると、そこだけ削られて白くなってしまいますのでほどほどに様子を見ながら掃除をしましょう。夫婦二人とも喫煙者であるなら特に気を付ける必要があります。

焦げ跡なら

壁紙ではなく、和室の畳などにタバコの焦げ跡を付けてしまった場合などは、畳1枚分の張り替えや表裏を裏返しただけで済む場合もあれば、畳1枚分の張り替えとなる場合もあります。古い畳だったため、これを機に全部新しい畳に替えることになったとしても、借主が全額を負担する必要はありません。

扉やふすまの変色は?

作り付けの収納棚の扉や部屋のドアは水拭きできる素材のものなら汚れが染み込まないうちに拭き掃除をしましょう。厄介なのが押入れのふすまや障子などの紙素材です。これらは水拭きができないのでどんどん茶色に染まってしまいます。もちろん洗剤を使うこともできません。

借家では、ヤニ掃除のできない部屋での喫煙は避けた方が賢明です。

臭いに起因するトラブルもある

自分の家の臭いは気にならないものですが、よそのお宅にお邪魔すると、臭いってそれぞれ違いますよね。自宅の玄関はほぼ無臭に感じていても、そこに住まない人にはすぐ臭いがわかるものです。

同様に、タバコを吸わない人にとっては、今、その場でタバコを吸っていなくても、タバコを吸っていた部屋だなということがわかります。

そのようなこともあり、貸主は部屋に臭いが付くことを嫌います。タバコに限らずペットもそうなのですが、臭いが染み付いている場合は壁紙を張り替えたりする必要があることから、ペットなどの臭いが心配な時は、敷金を通常よりも数ヶ月余分に預かることが多いです。

喫煙が禁じられている物件もある

そのように、何かとトラブルになることがあるため、あらかじめ室内での喫煙を禁じているアパートやマンションがあります。あとから聞いていなかった、知らない、などということがないよう、入居者募集のチラシには必ず「喫煙禁止、タバコ不可」などと記載されているはずです。

肩身の狭い喫煙者たち

昔の映画やテレビドラマを見ていると、俳優が黙ってタバコを吸っているだけで絵になるシーンもありましたが、最近ではテレビなどでも意識的に喫煙シーンを減らしているそうです。そういえば、テレビのコマーシャルでもタバコの宣伝は2004年に全面禁止になっていたんですね。

ホタル族も迷惑がられている

壁紙や天井を汚さないためにという以上に、室内にいる家族の健康のために、ベランダに出てタバコを吸う人もいます。タバコを吸い込む時に暗闇の中で赤い光がボーッと灯るため、その人たちのことをホタル族と呼んでいた時代がありました。

しかし、それも隣人にとっては迷惑行為に当たるわけです。煙は風に乗って隣のベランダに届きますし、夜にベランダに洗濯を干すしかない人たちは、濡れた洗濯物に臭いが染み付きやすいのです。

自分の家族の健康を守るためには他人は犠牲になってもいいのか、と問題にもなりました。その上、換気扇を使っている時には室内にその煙を外の空気といっしょに取り込んでしまうことにもなります。

そういった住民の声を無視するわけには行かず、集合住宅のマンションなどでは「ホタル族禁止」というところも増えているようです。

吸う場所を考えて費用の負担は最小限に

このように考えると、喫煙者が外でも家でも自由に一服することすらできないのではちょっと気の毒ですね。もういっそのこと覚悟を決めて部屋中の壁やふすま天井など全面張り替えをすること覚悟で吸うのもありかもしれません。

ただ念のため言っておくと全部の部屋でそれをやってしまうと相当な金額がかかることになり、先に預けてある敷金では賄えないかもしれません。せめてひと部屋に絞った方が良いのではないでしょうか。寝室での寝タバコは火事の元です。

まとめ

日常の軽い拭き掃除できれいになる程度の汚れなら、通常損耗と認められることが多いです。しかも、常日頃から気を使い、窓を開け換気扇の下でタバコを吸う程度であれば、借主の過失とはならないでしょう。

ヤニは軽いうちなら水拭きだけで落ちるので、汚れが目立っていなくても、サッと水拭きをしておきましょう。すると、雑巾にヤニが茶色く付くので、見た目にはわからなくても結構部屋の中に煙が回ってしまっていることに気がつくと思います。