エアコンは買い換えた方がお得


エアコンの移設は室外機をどこに置くかによってかなり費用が変わってきますが、当初の見積もりよりも追加料金がかかることが実はよくあります。

費用面では引越しを機に思い切ってエアコンを買いかえるのも長い目で見ると得になる場合があることは覚えておきましょう。

引越し屋さんがエアコンも運んでくれるの?

運んでくれるのは引越し業者となりますが、エアコンの取り外しと取り付けは、資格を持った電気工事士が行います。

有料オプションで提携業者に委託

引越し業者で有料のオプションサービスとして、エアコンの移設を申し込むことができます。その際、外部の電気工事業を専門とする業者に委託することがほとんどです。

すると委託業者から電話が来て、取り外しの工事の日程を相談することになります。引越し当日か、それよりも前に取り外しに来ることになり、取り外した後の室外機と室内機を運ぶのは引越し業者の仕事になります。

移設にかかる料金は?

取り外しと新居の取り付けを合わせて2万円程度かかります。室外機を設置する際には地面に直接置いたり、ベランダに置いたり、天吊りと呼ばれ屋根や上のベランダからぶら下げる方式であったり、エアコンの台数が多く室外機を2段にして重ねて置いたりと様々な方法があります。

戸建では屋根置きといって、1階部分の屋根の上に室外機を置いて2階の部屋にエアコンを設置する場合があります。当然これは作業の難易度と危険度により、割り増し料金が加算されます。

特に問題なく設置できるのであれば安く済みますが、コンクリートの穴あけ作業や天吊り作業などが含まれると、かなりの工事金額がかかることになります。

どっちがお得?移設と買いかえ

室外機を設置する場所や、室内の取り付け場所などの条件に左右されるのですが、設置料金が高額になりそうなら、標準取付工事費込みで新規に購入した方がトータルで安くなる場合もあります。

他に追加料金がかかることも

室外機からつながるホースは炎天下にさらされて劣化しやすくなっているため、引越した時に新品のホースに交換することが多いです。

暖房で使ったり冷房で使ったりをくり返すたびにホースは熱くなったり冷たくなったりをくり返し、炎天下にさらされることによって傷みやすくなっています。

そのため、引越した時に設置してもらった業者の工事の仕方が悪かったのではというクレームを防止するためにも、通常は引越した時に新品のパイプやホースに交換することが多いんです。

クリーニングをすすめられた

エアコンの取り外しをしてもらう際に、電気工事士から、「内部がかなり汚れているので、このままだとせっかくの良いエアコンが十分な性能を発揮できず、電気代金が余計にかかってしまいますよ」と言われることがあります。

機密性のある住宅で冬にエアコンでなく石油ストーブを使う場合は、結露が溜まりやすくなり、エアコンの内部でも結露し、カビが発生しやすい状態になっています。

確かに、そのままエアコンを稼働するとエアコン内のカビの胞子を空気中にばら撒くことになり、アレルギー疾患の家族がいると健康上よくないのは明白です。

定期的にエアコンクリーニングのメンテナンスを行っていないものは、表面からは目に見えない奥の部分にカビが発生することもあります。内部クリーニングを一度も行っていない時は気をつける必要があります。

内部クリーニングをするならエアコンを取り外した時がチャンスです。業者が持ち帰り内部の清掃をして、きれいにしてから持ってきてくれます。

古いエアコンなら買いかえた方が電気代がお得

一昔前に性能の良い大型のエアコンを高いお金を出して買ったにしろ、今はさらに優れたものが安価に手に入れられます。当然当時よりもエコ仕様で作られているため、年間にかかる電気代も安く抑えることができます。

電化製品は何でもそうなんですが、修理の際の部品を保有する期間が決められています。エアコンの一般的な平均寿命は7年とすることが多いので、7年を過ぎたエアコンを取り外して次の家でも使うというのは、後から不具合が出た時に、かえって修理代金に不要なお金を使うことになってしまいます。

買いかえる時のポイント

エアコンにも安くなる時期があります。大抵はこれから暑い夏を迎え、今年の夏の天気予報で猛暑や酷暑が見込まれると発表されると、途端に需要が増え、エアコンを購入する人が多くなるため、その時期はあまり値引きしてくれません。

夏場は部屋を涼しくするクーラーとして重宝されても、冬の暖房は他の石油ストーブなどの暖房器具を併用する家も多いものです。そのため冬に入る一歩前あたりがエアコンを安く買いかえるチャンスです。

また、お店の決算時期やボーナス時期も、他社と競って商品を売ろうとするので安くなる傾向があります。新製品が出始める前の在庫一掃セールのような時も、特に新商品の新機能にこだわらなければ、型落ち商品が安く出回ります。

引越しを機に子供部屋を作ってエアコンを増やす予定がある場合も、せっかくなら安い時期にお得に購入することができると良いですね。何も引越したからといってエアコンを使わない時期に無理して急いで買う必要もないわけですから。

「大は小を兼ねる」はエアコンにも当てはまる?

今まで使っていた部屋の広さに応じたエアコンを、新居で部屋の広さが変わっても同じものを使っていいかどうかの質問を受けることがあります。

エアコンのサイズの目安としては、木造住宅なら何畳まで、コンクリートなら何畳までという表示がされていますが、引越し先の気候や、設置する部屋の日当たり、天井までの高さなど様々な条件があるので一概に部屋の広さだけでは決められません。

特に、集合住宅の場合は、一般的に直射日光が当たる最上階の部屋の室温が高くなると言われています。

また、角部屋の壁の2方向に窓がある場合は、夏は太陽の熱で室内が暑くなり、逆に冬場は窓からの冷気で室内は寒くなりがちです。

よくエアコンは「大は小を兼ねるか」という質問もありますが、これはイエスという答えが一般的です。エアコンは、起動直後が一番パワーを多く必要としますので、スイッチのオンオフを頻繁にくり返すよりはずっと弱い電力で稼働させっぱなしの方が電気代はかかりません。

大きいエアコンは、電源を入れて起動させた直後は大きなパワーを必要としますが、その分部屋を短時間で適温にしてくれるので、小さいエアコンをフルパワーにして長時間稼働させるよりは省電力になる時間が早いのです。

逆に、小さいエアコンを広い部屋で使うのは無駄の多い使い方になる上、エアコン本体も強いパワーで稼働し続けることで、相当の負荷がかかり続け故障の原因になります。そのようなことから、エアコンは「大は小を兼ねるが、小は大を兼ねない」と言えるでしょう。

まとめ

何年か前に買った高性能のエアコンでも、今はもっと高性能で多機能な製品が安く出ています。古いエアコンを大切に修理代やメンテナンス費用をかけて長く使い続けるよりも、ある程度見切りをつけたところで買いかえた方が、後々お得になる場合が多いです。

引越してすぐ必要でないなら、安く入手できる時期まで待ってから購入するのもおすすめです。