通信費を見直す機会に


パソコンを買った当時、勧められるままインターネットを設定してもらい、なんとなくそのままずっと同じプロバイダを使い続けてはいませんか?

最近は、プロバイダ各社で様々なキャンペーンや多彩なオプションプランなどのサービスを打ち出していますので、引越しを考えているなら、それを機にプロバイダを乗り換えると今よりも安く快適にインターネット接続できるかもしれませんよ。

インターネットにいくら使っていますか?

インターネットの通信速度は遅いものから速いものまで様々で、それに応じて料金が異なっています。自宅のインターネット料金は月々どのくらい払っているかご存知ですか?

ADSLなら、プロバイダ料、ADSL接続料金、ADSLモデム使用料、スプリッタレンタル料、NTT回線使用料等の金額があり、ネット接続にかかる費用はNTT回線利用だと月額5,000円~7,000円という人が多いようです。

インターネットを使うのも結構お金がかかるものなんだなということが思い知らされます。一度、明細をよく確かめてみましょう。

NTT回線利用でも、プロバイダを今のプランよりも月額が安いプロバイダに乗り換えれば、キャッシュバックや、初回から数ヶ月の月額料金無料のサービスが付いてくるので、その分安くなります。

回線事業者と提携しているプロバイダなら、さらに安く、月々3,500円程度でネット接続ができます。また、光回線とスマホがセットでお得になることもあり、マンションタイプなら月々2,900円からというものもあります。

乗り換えキャンペーンの特典が魅力

引越しを機に自分のインターネットの使用頻度や使用目的、そして今まで毎月かかっていたインターネットに関する費用を考慮すると、何かと乗り換えることによるメリットは大きいですよ。

数ヶ月間割引サービスや初回月無料など、各社様々なキャンペーンがあるので調べてみてくださいね。

無料やキャッシュバック

無料やキャッシュバックのサービスを受けるには、プロバイダを変えずに契約コースを変更するのではなく、全く別のプロバイダに新規契約することが条件です。

大体は数ヶ月間無料としたりキャッシュバック何万円実施中というキャンペーンが多いです。

長く使い続けるつもりであるなら、月額料金の安いところがおすすめですが、そうでなく、契約期間が満了してから乗り換えたいのであれば、キャンペーンの特典が盛りだくさんでキャッシュバック等のサービス金額が高額なところを選べばよいでしょう。

月額料金の減額

長く使い続けているプロバイダでは、契約コースのプラン変更の見直しを行なっていない場合も多いのではないでしょうか。問題なく使えているからなんとなくそのまま、という人も多いでしょう。

案外その後にさらにお得になるコースができていたとしても、こまめにメールマガジンをチェックしていないと、節約になるプランの案内がきていても気づかないこともあります。

それなら、同じプロバイダの他のプランに変更するよりも、他のプロバイダに乗り換えて新規契約した方がずっとお得になります。今の自分のプランよりも安いプランがあるプロバイダを探せばいろいろな特典が付いてくることでしょう。

乗り換え方法も簡単

インターネットの設定はパソコンを買った時に業者が全てやってくれたので、プロバイダの乗り換えとなると、手続きが面倒臭そうで、気乗りしないという人も多いのではないでしょうか。

プロバイダを乗り換えるのは、そんなに難しいことではありません。公式サイトから契約できるならそれが一番早いです。申し込み画面で、接続IDと接続のためのパスワードが表示されるので、画像で保存したりメモを取るなど二重三重にして失くさないようにしておきましょう。

電話で申し込んだ場合は、後日会員証が届くので、そこに記載された接続IDやユーザーIDと接続のためのパスワードを使い、プロバイダの説明書に詳しく記載されている通りに設定します。

比較的新しいパソコンなら付属のCD-ROMを入れて、ガイダンスに沿って設定すれば簡単です。これで、新規のプロバイダを使って接続できるようになりました。その後、現在のプロバイダの解約手続きをすればOKです。

インターネットが使えなくなる空白の期間を作らないように、解約する日は新しいプロバイダが確実に使えるようになった上で、確かめてから解約した方が良いでしょう。

解約月と契約月に、新旧両方のプロバイダに二重に料金を払う期間が出てきてしまう場合があるので、契約月である初回月の使用料金を無料としているプロバイダもあります。

乗り換える際の注意点

どんなにお得なサービスでも無条件で無料という訳ではありません。お得の裏には何があるか、ということを知った上で利用しなければ、思わぬ落とし穴にハマってしまいますよ。

といっても、悪質商法の様なものではないので安心してください。今まで使っていたプロバイダを解約する際に、気をつけてほしいポイントを説明します。

契約期間の落とし穴

パソコンを買ってインターネットを始めて3年以上プロバイダを変えてない人は読み飛ばしてください。

しかし、2年以内にプロバイダに新規契約をした人は、その当時の契約する際に交わした書面を手元に用意してください。そのプロバイダに加入する時に、パソコン価格が3万円割引になったり無料になったりする、いわゆるセット販売という形や、様々なキャンペーンを通じてプロバイダを乗り換えたのであれば、一定の利用契約期間というものが決められてませんか?

契約期間前の解約は、そのパソコンを返品することになるのか、追加でお金を払うことになるのか、その点も確かめておく必要があります。思いのほか高額になるのなら、今乗り換えるのは得策ではありません。

携帯電話の契約で「2年縛り」という言葉を聞いたことがあるかと思います。これは、2年以内に乗り換えると解約金が発生することを意味します。

プロバイダでも同じようなことがいえます。最初に交わした契約内容が手元の書面でどういう取り決めになっていたか、「解約する際は」という記述の文章をよく読んで理解しておきましょう。

もし、乗り換えた際のキャッシュバックや特典の方が魅力的な内容になっており、解約金を上回ることができるようなケースであれば、乗り換えもありかもしれません。よくよく試算をしてみた上で、検討するとよいでしょう。

メールアドレス、IP電話の変更連絡

ネット回線を利用したIP電話を使用していた人は、プロバイダの変更に伴い電話番号が変わります。今では携帯電話やスマホでのやりとりが多いとは思いますが、自宅の電話もそれなりに使っているなら、先に他の連絡手段も伝えておいた方が良いでしょう。

また、プロバイダの名前が入っているメールアドレスも、変更になります。購読しているメールマガジンや、登録している通販サイトなどにもメールアドレス変更の手続きをしなければなりません。

それが面倒だと思えば、プロバイダのメールとは別に、Yahoo!やGmailなどの無料のメールサービスを併用して利用するのもよいでしょう。

まとめ

プロバイダの契約を満了してからの乗り換えは、お得になります。引越しの際に、住所変更の手続きをすることを思えば、もうひと手間かけて乗り換えを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

また、集合住宅で既に光回線が導入されている建物なら、戸建よりも安いプランで使えますよ。とりあえずプロバイダのプランを検討し、自分が月にどのくらいインターネットを利用してどんな楽しみ方をしているかにより、どのようなプランが適しているのか検討してプランを選ぶようにしましょう。

 

オススメ記事:引越しは荷物を整理するチャンス